English

研究成果

本領域では、計画研究9班に公募研究16班を加えた計25班の研究体制(プラズマ科学と医学・生物科学系がほぼ同数で構成)のもと、3つの研究項目【(A01)医療プラズマエレクトロニクス「診る・作る」、(A02)プラズマ分子生物科学「理解する」、(A03)プラズマ臨床科学「使う」】を設定し、研究を推進している。特に、本領域では、異分野の研究者間の連携強化と装置・技術・生体材料の共有を図るため、実質的な連携拠点「プラズマ医療ネット」【ハブ拠点(名大)、サテライト拠点(九大、産総研)の3拠点で構成】を構築し、学際的な領域推進による連携研究の成果が現れてきている。

表 新学術領域「プラズマ医療科学の創成」 研究成果集計結果

学術論文 国際会議における 招待講演 知財
査読あり 非査読論文 招待講演 基調講演 国際会議 国内会議 特許取得 特許出願
1003 (119) 1003 (119) 335 30 46 112 17 88

※( )内は領域内での連携研究による共著論文の数

詳細リスト

 

↑ページの先頭へ戻る

キーワード検索

Copyright © 2014-2015 プラズマ医療科学国際イノベーションセンター All Rights Reserved.