English

領域概要

本新学術領域研究は、プラズマ-生体組織間の分子相互作用のダイナミクスを定量的に解析し、粒子パラメーターに基づくプラズマ医療科学の基礎学理を確立することを目的とする。気相中のラジカル、イオン、光の種類やそのエネルギーなどを計測し、更にその気液表界面反応を原子レベルで解明することにより、プラズマと生体や生体組織との相互作用を装置パラメーターではなく、定量的な粒子パラメーターを基軸にして、新学際領域として体系化する。

プラズマと医療科学との統一的かつ包括的な考察を通して、プラズマ制御のための診断と新たなプラズマ源を作りだし(診る・作る)、そのプラズマから医療効果を最大限に引き出す作用機序解明し(理解する)、更に副作用の無い、安心安全な革新的プラズマ医療技術を創成する(使う)。これらを目的として、以下の研究項目を設けている。

Fig1.png

↑ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014-2015 プラズマ医療科学国際イノベーションセンター All Rights Reserved.