English

お知らせ

2016年5月24日 講習会のお知らせ

プラズマの新分野への実応用
~農業・食糧・医療・環境等への活用事例と将来展望~
講師:東北大学 大学院工学研究科 電子工学専攻 教授 博士(工学) 金子 俊郎 先生

●日時 2016年5月24日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階G会議室

人の手で触ることのできるような低温(非平衡)大気圧プラズマは、そのプラズマ中に含まれるイオン、電子、活性種(ラジカル)を制御することで、農業・食糧分野では農薬に代わる植物病原菌の殺菌による安全・安心な食糧生産等、医療分野では再生医療やがん治療を支援する細胞への遺伝子・薬剤導入等、環境分野では空気や水の浄化等に応用されている。本セミナーでは、この低温大気圧プラズマの基礎的な生成法や測定法について講演するとともに、農業分野や医療分野での実用的応用に向けた取り組みについて紹介する。

セミナー内容

1.大気圧プラズマ
 1.1 大気圧プラズマとは?
 1.2 低温(非平衡)大気圧プラズマと高温(熱平衡)大気圧プラズマ
 1.3 低温大気圧プラズマの生成法
  1.3.1 直流電源を用いた低温大気圧プラズマ
  1.3.2 高周波電源を用いた低温大気圧プラズマ
  1.3.3 マイクロ波電源を用いた低温大気圧プラズマ
  1.3.4 高効率なプラズマ生成方法
 1.4 気相-液相界面大気圧プラズマの生成法
  1.4.1 液体と接触した低温大気圧プラズマ
  1.4.2 液体中での低温大気圧プラズマ
  1.4.3 水導入気体中での低温大気圧プラズマ
 1.5 低温大気圧プラズマの計測法
  1.5.1 プラズマ気相中の組成の計測法
  1.5.2 プラズマ照射液相中の組成の計測法
 1.6 低温大気圧プラズマ中の活性種

2.低温大気圧プラズマの農業応用
 2.1 プラズマを用いた植物病原菌の殺菌
  2.1.1 水導入空気プラズマ装置
  2.1.2 プラズマ照射液体中の活性種
  2.1.3 植物病原菌の殺菌メカニズム(いちご,稲,等)
 2.2 プラズマを用いた植物の成長促進・免疫誘導
 2.3 プラズマを用いた果実の鮮度保持
 2.4 プラズマアグリ(R)(大気圧空気プラズマによる農作物生産への実用的応用)
  2.4.1 いちご農業生産法人との共同開発
  2.4.2 稲作農業生産法人との共同開発

3.低温大気圧プラズマの医療応用
 3.1 大気圧プラズマによる細胞への薬剤分子導入
  3.1.1 大気圧ヘリウムプラズマ装置
  3.1.2 細胞生存率と薬剤分子導入効率へのプラズマ効果
  3.1.3 プラズマ薬剤分子導入装置開発への応用
 3.2 大気圧プラズマによるがん治療
 3.3 大気圧プラズマによる創傷治療

4.低温大気圧プラズマの環境応用
 4.1 プラズマを用いた気体中の臭気物質分解
 4.2 プラズマを用いた液体中の有害物質分解

5.低温大気圧プラズマの将来展望

↑ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014-2015 プラズマ医療科学国際イノベーションセンター All Rights Reserved.