English

お知らせ

2016年2月5日~6日 第18回癌治療増感研究シンポジウムのお知らせ

第18回癌治療増感研究シンポジウム
変貌する放射線治療法~物理・化学・生物学増感法のリミックスと免疫学のコラボレーション~

期日:平成28年2月5日(金)12:50~6日(土) 12:45(終了予定)
場所:奈良県文化会館
〒630-8213奈良県奈良市登大路町6-2
TEL, 0742-23-8921
ホームページ

大会長:堀  均(徳島大)
実行委員長:宇都 義浩(徳島大・院・STS研究部)
プログラム委員長: 近藤 隆 (富山大学・医薬・放)
代表世話人:長谷川 正俊(奈良医大・医・放腫)
名誉大会長: 大西 武雄 (奈良医大・医・放腫)

主催:国際癌治療増感研究協会
International Association for the Sensitization of Cancer Treatment (IASCT)
<事務局>E-mail:info@iasct.jp;ホームページ:http://www.iasct.jp/

情報交換会:平成28年2月5日19:00~ザ・ヒルトップテラス奈良
参加費:6000円(学生・院生・PD等 3000円) 情報交換会参加費:6000円(同3000円)
尚、指定演題では癌治療増感における免疫的戦略、物理的戦略、化学的戦略および生
物的戦略を幅広く取り上げます。
癌治療の基礎・臨床に興味ある方のご参加をお願い申し上げます。

変貌する放射線治療法

~物理・化学・生物学増感法のリミックスと

免疫学のコラボレーション~

特別講演:

  腫瘍組織不均一性に基づく治療抵抗性の解析

         佐谷 秀行先生(慶應大・医・先端研・遺伝子)

シンポジウム:

 セッション1.癌治療増感における物理的戦略
 セッション2.癌治療増感における化学的戦略
 セッション3.癌治療増感における免疫的戦略
 セッション4.癌治療増感における生物的戦略

(13) Platinum Nanoparticles Enhances Ultrasound Induced Cell Killing via Dual inhibition of Apoptosis and Autophagy Paras Jawaid (富山大)

(15) 大気圧プラズマを利用したがん治療 田中 宏昌 (名古屋大)

(20) Combination of cold atmospheric helium plasma (He-CAP) and hyperthermia causes enhancement of apoptosis via generation of reactive oxygen species Mati Ur Rehman (富山大)

(21) Enhancement of radiation-induced apoptosis by cold atmospheric helium plasma (He-CAP) in human lymphoma U937 cells Moniruzzaman Muneer (富山大)

(24) 誘電泳動力による微細孔への細胞トラップ技術を利用した血中循環がん細胞検出技術の開発 二見 達 (東ソー(株))

ほか

↑ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014-2015 プラズマ医療科学国際イノベーションセンター All Rights Reserved.