English

メンバー

A01班 堀

計画概要

プラズマ医療のための気相・表界面反応ダイナミクスの計測と体系化

内容

研究代表者 堀勝 (名古屋大学・大学院工学研究科・教授)  
研究分担者 鈴置 保雄 (名古屋大学・大学院工学研究科・教授)  
加藤 昌志 (名古屋大学・大学院医学系研究科・教授)  
秋山 真一 (名古屋大学・大学院医学系研究科・特任講師)  
平松 美根男 (名城大学・教授)  
近藤 博基 (名古屋大学・大学院工学研究科・准教授)  
連携研究者 関根 誠 (名古屋大学・大学院工学研究科・特任教授)  
石川 健治 (名古屋大学・大学院工学研究科・特任教授)  
竹田 圭吾 (名古屋大学・大学院工学研究科・助教)  
太田 貴之 (名城大学・准教授)  
田中 宏昌 (名古屋大学・大学院工学研究科・特任講師)  
田嶋 聡美 (名古屋大学・大学院工学研究科・特任准教授)  
矢嶋 伊知朗 (名古屋大学・大学院医学系研究科・講師)  
飯田 真智子 (名古屋大学・大学院医学系研究科・研究員)  
研究協力者 橋爪 博司 (名古屋大学・大学院工学研究科・特任助教)  
小又 尉広 (名古屋大学・大学院医学系研究科・研究員)  

 我々は、これまでに、超高密度(1016 cm-3 以上)のプラズマを60Hz ACで簡便に励起するプラズマ源を開発し、卵巣癌培養細胞に直接照射することにより、卵巣癌培養細胞に選択的にアポトーシスを誘導できることを発見していたが、更にプラズマを細胞に直接照射せずに培養液に照射し、プラズマ照射された培養液を脳腫瘍培養細胞(グリオーマ)に投与することにより選択的にアポ トーシスを誘導することに成功した。また、プラズマ培養液が、生存・増殖シグナリングのハブとしての役割を果たしているAKTキナーゼを抑制するという細胞内分子機構を世界に先駆けて発見し、その成果を論文に公表し、地元の新聞に取り上げられている。
 非常に複雑な細胞内シグナリングネットワークとプラズマとの相互作用の解明は世界的にもプラズマ医療界の重要な課題と位置付けられている。そのような背景において、我々のグループによりプラズマ(培養液)ががん培養細胞及び正常培養細胞に及ぼす細胞内分子機構が次々と明らかにされていることは、現在まで のところ、当初の目的を達成していると言える。
 現在、生存・増殖シグナリングネットワークなどに存在する様々な生体分子がプラズマ(培養液)によりどのような影響を受けるのかを個々に詳細に調べると ともに、ゲノム全体でプラズマ(培養液)によりどのような影響を受けるのかを遺伝子発現レベルで解析し、プラズマ(培養液)から細胞死にいたる細胞内分子 機構の全貌解明、更にはプラズマ(培養液)ががん細胞を選択的に殺傷する細胞内分子機構の解明を目指す。

a01.png

↑ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014-2015 プラズマ医療科学国際イノベーションセンター All Rights Reserved.