English

メンバー

A02班 西原

計画概要

ヒトES/iPS細胞の維持と分化におけるプラズマ照射効果と分子生物学的基盤の形成

内容

低周波低温大気圧プラズマを生体に照射すると、癌細胞のアポトーシス、創傷治癒効果等、様々な生体組織からの応答が認められ、低周波低温大気圧プラズマの医療への応用が行われ始めている。しかし、何故そのような細胞応答があるか、その機構はほとんど明らかにされていない。 一方、胚性幹細胞(ES細胞)は、多能性を持ち、生体を構成するすべての細胞へと分化する。生体の分化過程を模すマウスES細胞からの胚様体形成において、低周波低温大気圧プラズマ照射を行った結果、三胚葉分化に影響を与えた。この様な背景に立ち、本研究は、解析範囲をヒトES/iPS細胞にまで広げる。ES/iPS細胞の維持培養系、及び、ES/iPS細胞からの分化培養系を用いて、低周波低温大気圧プラズマに対する各種細胞応答に対し、その作用機構をタンパク質分子レベルで明らかにする。

↑ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014-2015 プラズマ医療科学国際イノベーションセンター All Rights Reserved.