English

メンバー

A02班 近藤

計画概要

大気圧プラズマによるゲノム応答機構の解明と治療への展開

内容

研究代表者 近藤 隆 (富山大学大学院医学薬学研究部・教授) HP
連携研究者 田淵 圭章 (富山大学研究推進機構・研究推進総合支援センター
・生命科学先端研究支援ユニット・遺伝子実験施設・教授)
HP
石島 達夫 (金沢大学理工学域サステナブルエネルギー研究センター・准教授) HP

 

 放射線に対して、細胞内外の活性酸素種の測定手法を利用し、本研究ではプラズマと細胞・生体との相互作用について、気相・液相・細胞・生体の各水準で階層的に検討し、その定量的評価を行う。併せて治療応用を目指し、「大気圧プラズマによるゲノム応答機構の解明と治療への展開」を目的とする。

 フリーラジカルの定量をESR-スピン捕捉法で行い、放射線と比較する。 生物学的指標として、細胞増殖能、細胞活性、細胞死について定量的に測定する。関連する生物現象について、網羅的遺伝子発現の解析を行う。治療応用として、皮膚疾患を対象に、皮膚細胞への影響について調べる。

 化学的測定を組み合わせることにより、プラズマドーズの標準化に貢献する。プラズマによる細胞内外の活性種の種類と量が判明し、これらによる細胞のシグナル伝達機構が明らかになる。皮膚疾患の治療に関する分子機構が明らかとなる。

↑ページの先頭へ戻る

Copyright © 2014-2015 プラズマ医療科学国際イノベーションセンター All Rights Reserved.